副業でコインランドリー投資を検討、気になる将来性は?

こんにちははるさめです。

コインランドリー投資ってどうなんだろうとふと気になったので自分のために調べてみました(笑)

副業で取り組むのに適しているのか?将来性はあるのか?

この辺りをお伝えできればと思います。

今注目のコインランドリー投資

コインランドリーの数が年々右肩上がりに増加しているって知っていましたか?

はるさめの周りでも共働き世帯や、単身者の方も手っ取り早く乾燥までできるコインランドリーを家事の時短の術として使用されている方が増えています。

家事代行サービスが注目されている今、コインランドリーはお客として利用するだけではありません。


実は今サラリーマンの副業、資産運用としてコインランドリー経営が注目されています。

今回は最後まで読むだけで簡単にコインランドリー投資の現状から将来性について分かるように解説していきます。

コインランドリー投資の将来性は


コインランドリー経営が増加していると言いましたが、今から始めてもまだ間に合うの?と思いますよね。

最近の話題ではファミリーマートもコインランドリーと融合したコンビニを展開しています。

現在のコインランドリーは明るく・清潔感のある店舗が増えており、昔のコインランドリーのイメージを持たれている方は、実際に見るとかなり驚かれるのではないでしょうか。

正直最近近所にできたコインランドリーはビビるほど綺麗でオシャレでした。

昨今の家事の代行サービスの利用も相まって、よりコインランドリーの利用者はまだまだ増えていくと思います。

全国的な世帯基準でのコインランドリーの利用率の平均は、5~8%で欧米諸国の20%と比べてかなりの伸び率があるのが分かります。

しかし、20年間の間で店舗数はほぼ2倍となっていますが、実際の利用率は高いとは言えないですね。

価格競争やサービスの差別化など課題はあるかもしれませんが、まだまだ集客効果を狙った異業種の参入も増えてくると思われますので、市場の伸びしろの流れに乗るのは後発参入としては定石なので動くなら今がオススメです。


FCで賢くコインランドリー経営

コインランドリー投資はFC(フランチャイズ)や代理契約出店を利用することで自分の土地を持っていなくても始めることができます。

FCを利用するメリットは投資初心者でもサポート体制がしっかりとした状態で始めることができ、高い収益性が期待できることです。

具体的にはコインランドリー経営に適した立地や場所のリサーチ、中には毎日の清掃や洗剤の発注など経営に際して必要なことをパックにしてお得に提供してくれるサービスもあります。

もちろんFC契約を結ぶ際には契約料や委託料もかかります。

しかし初心者の方が安定した高収入を得ようと思うには、立地条件や利用者層の分析などリサーチに多大な労力がかかってしまいます。
経営のシュミレーションなどに関しても同様で、ある程度委託したほうが開業までの道のりを短縮することができます。

まずは何社かFC企業の特徴を比較してみて、自身の考えとマッチする企業と戦略をまた資金繰りに関しても、融資先を紹介してくれる場合もあるので、経営ノウハウに自信がない方、これからコインランドリー投資を始めてみたい方は是非1度FCでのコインランドリー投資を検討してみるのもありかもです。

気になる収益性は?

資産運用で気になるのは実際の収益がどれぐらいなのかですよね。

年間での利益の目安としての利回りは15%前後程度とされていますが、現在の預金の金利を考えるとかなりの高利回りです。

よく例示されている収益モデルの売り上げは月額60~80万円、年間利益720~960万円とされています。ここからランニングコストやFC契約料を引くと、概算で月額25~35万円が純利益となります。

現在退職後の2人暮らしに必要な月額の生活費が25~30万円と考えると、かなり魅力的ですね。

また、コインランドリー投資の利点としては、とにかくランニングコストを抑えられることです。

ランニングコストは光熱費、洗剤費などの消耗品、清掃業者の委託、セキュリティ設備、修繕費用などが考えられますが、なんといってもコインランドリー投資は人件費が抑えられることが最大のメリットです!

時間に余裕がある方でしたら、清掃や発注を自ら行うことで、より収益率は上がります。退職後に備えて、サラリーマンの間は副業、退職後は経営に切り替えていくのも一つの手ではないでしょうかね。

まとめ

今のコインランドリーの設備は驚くほど利便性が高く、清潔感もあり利用者が増加しています。

今後も電子決済サービスの導入やカフェなどを併設することで既存の利用者層とは違う世帯の獲得も見込めると思われます。

また、家事代行などのサービス業は増えれば増えるほど、人件費がかかるため、利用料金をすぐに値下げすることは難しいと思われます。

FCを利用することで専門的な知識を得ることが可能であり、長期的にも事業計画を相談できるため、興味がある方は、まず企業が企画する相談会に参加するのもいいですね。

収益の特性上すぐに大きく稼ぐことは難しいかもしれませんが、安定してコツコツ長期収入を見込めるためコインランドリー投資は有用なストックビジネスと言えます。

老後の備えの為にも退職後の資産運用の一つとして、コインランドリー投資を今からでも検討してみてはいかがでしょうか?

はるさめの本音

珍しく投資についての記事を書いてみましたが、本音としては投資よりも個人でスモールビジネスに取り組む方がはるかに

成功確率も費用対効果も高いと思っていますので投資するお金があるなら自分(知識)に投資して稼ぐのが一番効率的です。

じゃぁ何がいいのってことではるさめはビジネス経験0の初心者でも稼ぎやすい物販ビジネスをオススメしています。

具体的なノウハウもたくさん紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。