これを外すと成功しない!?物販ビジネス成功の5ステップ

こんにちははるさめです。

私が約10年間物販ビジネスを行ってきたなかでこれを外すと

物販ビジネスは成功しないという成功の5ステップについて解説したいと思います。

あなたが今どんな物販ビジネスを始めるにしろこのステップを踏まないと

必ず失敗すると言っても過言ではない鉄則です。

初心者の方はこのステップを外さないように、中級者以上の方で伸び悩んでいる方は

今一度つまづいているステップを確認し、突破のきっかけにしていただければ幸いです。

 

物販ビジネスで稼ぐ方法はほとんど同じ

物販ビジネスの本質は商品を安く買って、高くれるところで販売して儲ける

っていう手法はどれも多少の差異はあれどおんなじなんですよ。

 

あっ、あと物販ビジネスって一言で言ってますけど

今解説しているのは物販ビジネスの中でも

せどりや転売、輸入、輸出販売をネットを使って稼ぐ方法です。

蛇足ですがネットビジネスっていう言葉も

ネットを使ったビジネスとすればめちゃくちゃ範囲広いし

個人レベルで行う物販ビジネスも広い意味では物販ビジネスになりますよと

言葉の定義って大事なので補足でした。

 

いわゆる上記の物販ビジネスのノウハウはまとめるとこれです。

物販(せどり、転売、輸入、輸出)で稼ぐ方法5つのステップ

 

物販ビジネスでこれを外れると失敗すると言っても過言ではない

5つのゴールデンステップはこちらです。

 

ステップ1、売れる商品をリサーチし、価格差をみつける

基本中の基本、商売の原理原則である

商品を安く買って高く売る、そのためにリサーチするので

仕入れ金額と販売金額の両方とも分からなければ仕入れて販売してはいけません。

これ売れそうと思って仕入れた商品が売れないなんてただの博打です。

よほどその市場のマーケティングに熟知していない限りそのような仕入れを行なってはいけません。

無駄な売れない在庫が売れ残り仕入れ資金を圧迫します。

この売れる商品を見つけることができれば

0から1の壁を超えることができます。

収益の目安ですがこの段階で月収1~10万円ぐらいです。

 

ステップ2、可能な限り大量出品する(PV 評価をあげる)

ステップ1で売れて利益のでる商品を見つけることができたなら

次はリサーチを繰り返し繰り返し可能な限り大量出品します。

リサーチである程度売れると分かっているものであればどんどん出して行きます。

コツとして一つ売れるものがあったならラインナップを広げ

どんどん出品しここでPV数(自分の商品やお店を見てくれる数)をあげ

販売実績を積み、評価を集めます。

評価が多い(または良い)販売者から物を買いたくなりませんか?

いい評価が貯まってくると自然と売上が上がってきます。

このあたりでリサーチと販売のコツをつかむことができれば

月収で10〜30万円ほど見えてくるでしょう。

ここまでくると色々と見えてくるものがありますが

この次のステップに進むためにはもう一つ壁があります。

 

それはトレンドが短くなっていることです。

トレンド?なんのこっちゃと思われるかもしれません、

簡単に言えばその商品、ジャンル、市場で稼げる

サイクルがどんどん短くなっているということです。

 

これはリサーチのところで詳しく解説しますが

いわゆる儲かる商品と言われているものの

価格差というものは需要と供給のひずみから生まれています。

 

これが情報伝達が発達した現在においてそのひずみが早く埋まってきています。

そのひずみが利益であるので、そのひずみを絶え間なく探して販売していくことが必要になります。

 

売れていた商品が売れなくなり、またすぐに儲かる商品を探すというサイクルを

素早く回して到達可能なのがおよそ月収で30万円です。

中にはこのサイクルを効率よく、もしくは作業量を倍にして力技で月収100万円を稼ぐ人もいます。

ただしこの段階は非常に苦しい段階です。

売れて忙しいし、リサーチも続けなくてはいけない個人の作業量の限界を迎えます

ここで作業の外注化などをし効率を上げていく必要とがあります。

 

補足ですがこの段階で生活するには十分な利益が稼げるようになっていますが

多くの方がここで停滞してしまいます。

本当はここからが真の物販ビジネスの旨味なのですが

理由としてある程度作業を任せ時間が確保できるようになり

そこそこ稼げてこれ以上がむしゃらに作業する必要がないからです。

 

副業ならこれで十分じゃないか?とあなたは思われるかもしれませんが

この状態は非常に脆く崩れやすい状態なので長く続きません。

 

この記事を読んでくれているあなたには安定させるための先のステップと未来を伝えておきますので

なんとかここまできてほしいと思います。

 

ステップ3、顧客リストの獲得とメルマガ配信

ステップ2である程度販売数が増えてきたなら次のステップは

顧客リストに対してアプローチすることです。

顧客リストとは物販ビジネスにおいては一度でも取引してくれたお客様としておきましょう。

Amazonとかでしか販売・購入したことない人にはあまり実感が湧かないと思いますが

一度買ってくれたお客様は2回目、3回目も買ってくれる可能性が非常に高いのです。

 

この2回目、3回目の購入を促進するために顧客リストをとって、メルマガなどでアプローチをしましょうということです。

メルマガといっても楽天とかで購入した後によくくるセールのお知らせとか

ああいう売り込みのメールをしましょうということではありません。

購入した人がどういう人でどんな趣向や悩みなどを持っているかより深く知るために

コミュニケーションとしてメルマガだったり今だとLINE@でアプローチします。

そのやり取りの中からでたヒントこそがこの物販ビジネスを安定させ利益を爆発させるヒントとなります。

お客様とコミュニケーションを重ねていくと自然と売れるもの、売上アップのための情報が得られます。

 

ちなみに物販ビジネスを展開する多くのプラットフォームではお客様の情報(リスト)を入手することを

禁止しています。なぜなら直接お客様と商売をされたらプラットフォーム側は儲からないから当然です。

しかし、一部のプラットフォームでは顧客リストの獲得について自由ですし、

工夫次第でいくらでも取得することができます。

この顧客リストの集めやすさもこれから物販ビジネスに参入する条件において重要な指針となります。

ここまでくると安定して月収50~200万円ぐらいの利益を出し続けることができますが

月収100万円超えてますウェーイな人の中でここまでできている人はそうそういません。

真に物販で安定して稼いでいる人はこのステップ3からステップ4へ着実にステップアップし

黙って黙々と稼ぎ続けているからです。

そこまで稼げなくてもいいと思っているかもしれませんが

逆に10~30万円を維持する方が実はとても難しく不安定な状態なので

ステップ4まできてほしいと思います。

 

ステップ4、売れる商品とジャンルに集中する

自分の中の売れている商品やジャンルを見つけ

お客様からのニーズを引き出したならそこをひたすら強化しましょう。

売れている商品、ジャンルならここで買おうと思われるぐらいの専門性を作り

特化させて行きます。この時点で信用・実績が相当ついてきているはずです。

この段階で月収100~300万ぐらいになります。

ここまできたら相当安定していますが、もしプラットフォームに乗っかった商売をしている場合は

ステップ5でリスクヘッジと収益の最大化を行いましょう。

 

ステップ5水平展開、深掘り展開する

ステップ4で専門性のあるお店、ブランド、実績がついたら

あとはフランチャイズ展開のように

多のプラットフォームへの出店や独自店舗の構築などを進めて行きましょう。

多店舗展開は今ままでやってきたことをそのまま行えばいいので簡単です。

あとは担当者を増やすマネジメントに力を注げば完成です。

これができると自分はオーナーとなり、

各店舗に店長を配置し管理すれば自動で収益が上がってくる仕組みの完成です。

ステップ4と5は駆け足ですがひとまずこのようなビジョンで展開していくことになる

ということで概要だけでも知っておいたほうがいいと思ったのでお伝えさせていただきました。

 

まとめ

以上が物販ビジネス王道の成功法則5つのゴールデンステップとなります。

ほっとんどの情報発信者はステップ2までを解説しているかしていないかだと思います。

なんども言いますが副業で取り組むとしてもステップ1や2で立ち止まらないでください。

ステップ2まできたら最速でステップ3まで登ってください。

でないと十中八九本業でトラブリます(税金的な意味で)

もし脱サラに踏み切ったとしてもステップ2の段階は非常に脆いので

プラットフォームから退場をくらえば一発で売上0になるリスクがあります。

ステップ3で顧客リストがある程度あれば安定し

万が一再出発することになった時も再起は容易になります。

これははるさめの実体験です。

なので物販ビジネスを始めるときはこのステップで駆け上がり

安定するステップ3までなんとか走り抜けましょう!

ステップ1、売れる商品をリサーチし、価格差をみつける

ステップ2、可能な限り大量出品する(PV 評価をあげる)

ステップ3、顧客リストの獲得とメルマガ配信

ステップ4、売れる商品とジャンルに集中する

ステップ5、水平展開、深掘り展開する