副業失敗談、ライティングで月3万円を稼ぐはずが、、

こんにちはharuです。

どうすればサラリーマンが副業で豊かになれるのか?

実際に副業を経験した方の経験談をもとにお伝えしたいと思います。  

 

今回のケーススタディは30代サラリーマンさんの副業体験談です。

 

会社の業績とともに下がった給料を補うために始めた副業

 

目標金額月に3万円を目指したが結果は、、、

 

副収入で家計を楽にしたい

takaと言います。

勤めている社会福祉法人が毎年のように億単位の赤字を計上。

その影響はボーナスカットという非常な形でのし掛かって来ました。


せめて年収を普段通りに戻す事が出来たらと思い、副業をしてみる事を決意。


ネットで調べ、よく儲かると言われているクラウドソーシングを実施する事にしました。


様々なジャンルの中からキーワードを選び、

テーマに沿ってライティングしたり、病院などの口コミを書くなどの仕事で単価は200円から400円くらい。


1日1000円を稼いで、月30000円くらいを目標に実施しました。


しかしテーマは書きやすいものばかりでなく、

聞き慣れないようなものもあり、ネットで情報を得ながら四苦八苦。


一つの記事を書くのに1時間前後かかっていました。

毎朝の通勤時間とお昼休み、帰りの電車の中、

帰宅後は子供と遊ぶ時間や睡眠時間を削ってライティングに没頭していました。


すべては家族の為。


1日1000円の仕事を着々とこなし、

気が付けば2週間程度経過していました。


その頃になると書いた記事が承認されるようになり、

あっという間に6000円くらいのお金が貯まって行きました。


努力の甲斐が実ったなと嬉しい気持ちでいっぱいでした。


しかし喜びはその時がピーク。


その後、私の書いた記事が非承認になる事が増え、

酷い時には2日分の記事が全て非承認になる事もありました。


また最初の内は単価が高い仕事だったのに、

徐々に下がっていき、1記事100円から150円程度に下がって行きました。


結局その月は12000円稼ぐのがいっぱいで30000万円には程遠い状態。


翌月は7000円、その翌月は5000円とだんだん儲からなくなり、

馬鹿馬鹿しくなって辞めてしまいました。


クラウドソーシングを辞めてからはポイントサイトも試しましたが、

こちらも得られる収入は雀の涙程度。


最終的には色々なキャンペーンや口コミなどに登録しすぎたせいで一日100件くらいのメールが届くようになりました。


得られたのはお金ではなく迷惑メールのみ。


結局何もしない方がマシな状態になり、副業の厳しさを教えられてしまいました。

 

副業はそれほど甘くない?

ありがとうございます。

こちらの方は副業でライティング業に取り組み

月に1万円以上稼ぐことができたようですが

目標の3万円は程遠く、行なった労力の割に報酬が得られず挫折してしまったようです。

 

このブログではサラリーマンへのオススメの副業として

情報発信を推しています。

 

なぜならその人の経験でしか語れないことに価値があり

それらをブログに書き溜めることにより

資産性のある収入源を確保できるからです。

 

takaさんがこれからクラウドソーシングで稼ごうと思った経験を

ブログで書きためたならそれはこれからクラウドソーシング(在宅ワーク)で

稼ぎたいと考えている人たちに非常に価値のある情報を提供できると思うんですよね。

 

文章は書けば確保ど上手くなるのでtakaさんの文章レベルであれば

正しい情報発信を学べば月に3万円は簡単に行くと思いました。

 

もし副業として資産性の高い情報発信ブログを作ってみたいと思われる方は

他の記事で詳しく解説していますのでそちらも参考にしてみて下さい。